Blooming Wooing Audio

オーディオや音楽についてのblogです。手持ち機器のレビューやイベント参加感想など。

レビュー

P-700uのレビュー(Luxman)

Luxmanのバランスヘッドフォンアンプ、P-700uのレビューです。 ピュアオーディオで有名なLuxmanのヘッドフォンアンプ、P-700uです。大手国内メーカーではじめて、バランス駆動に対応したことで話題になりました。今となっては珍しくない価格帯ですが、当時と…

ヘッドフォン祭2017春に行ってきました!

半年に一度の祭典、ヘッドフォン祭2017春に行ってきました。会場は相変わらず中野サンプラザ。 運用がちょっと変わったのか、入場はスムーズになりました。今回は30分ほど前につきましたが、開場の直前には展示階まで入れました。素晴らしいと思います。 さ…

KSE1500のレビュー(Shure)

Shureのコンデンサ型イヤフォン、KSE1500のレビューです。 Shureは元々マイクの音響機器のメーカとして有名でしたが、高級イヤフォンの世界にもいち早く参入しています。E2cやE4などが高い評価を得ていて、高級イヤフォン黎明期にはShureとEtymotic Research…

ヘッドフォン祭2016秋に行ってきました!

さて、半年に一度の祭典、ヘッドフォン祭2016秋に行ってきました。会場はいつもの通り、中野サンプラザ。アクセスの悪さはいつもの通り。 今回は11時過ぎに中野につきました。ちょっと並びましたが、すぐに会場入りできました。うーん、ちょっと来場者が減っ…

ヘッドフォン祭2016春に行ってきました!

さて、半年に一度の祭典、ヘッドフォン祭2016春に行ってきました。毎度の通り、会場は中野サンプラザ。 今回は12時を過ぎてから会場入りしました。さすがにこの時間だと長蛇の列ということも無く、すんなり上のフロアに上がれました。 今回の物販は、Shureの…

SRM-727Aのボリュームバイパスレビュー(PM-15S1をプリアンプ利用)

STAXのドライバ、SRM-727Aをボリュームバイパスで使用したレビューです。 プリアンプとしてMarantzのPM-15S1を使用。イヤースピーカーはSR-009Aです。DACはLuxmanのDA06、ということで毎度の環境です。 前回の記事で書いたとおり、秋のヘッドフォン祭 2015で…

SR-009 + SRM-727Aのレビュー(STAX)

STAXのフラグシップイヤースピーカ、SR-009と専用ドライバSRM-727Aのレビューです。 STAXはコンデンサ型のヘッドフォンで有名な日本のメーカーです。(今は中国資本になったとのことですが)STAXはコンデンサ型ヘッドフォンのことを、イヤースピーカーと称し…

ヘッドフォン祭2015秋に行ってきました!

もう毎度のことですが、秋のヘッドフォン祭りに行って来ました。場所はいつも通り中野サンプラザ。いつも通り、エレベータは大渋滞です。 今回は開場時刻、11時頃に中野に到着しました。めぼしいものはすぐに売り切れてしまうだろうと思いながらも、一応物販…

UM56のレビュー(Westone)

Westoneのカスタムイヤーチップ、UM56のレビューです。 Westoneと言えば、カスタムIEMで有名な老舗メーカです。昨今のイヤフォン熱の高まりと共に新規参入するメーカも増えてきましたが、実績という点で、Westoneを上回るところは無いでしょう。 そんなWesto…

iPurifierのレビュー(iFi Audio)

iFiのUSBノイズフィルタ、iPurifierのレビューです。 以前、USBケーブルで音は変わるのか?と題して記事を書きました。その後、iUSB PowerとGeminiのレビューも掲載しましたが、今回はそれに続き、iFi製品のUSB関連機器のレビューです。 実は先月、シンガポ…

ヘッドフォン祭2015春に行ってきました!

昨年に引き続き、ヘッドフォン祭に行ってきました。会場は相変わらず中野。毎回のように苦言を呈していますが、上層階はイベントを行うことをあまり想定していないため、エレベータの台数が限られ、入退場はかなり不便です。国際フォーラムとかでやってくれ…

DA-06のレビュー(LUXMAN)

LUXMANのDAC、DA-06のレビューです。 LUXMANといえば、言わずと知れた老舗のオーディオメーカです。特にアンプでは高い評価を得ていて、その艶のある音色はラックストーンと呼ばれています。 その老舗が、USB入力を備え、ハイレゾにいち早く対応したDAC、DA-…

イヤーチップの比較

カナル型イヤフォンで使用される、イヤーチップを比較してみました。使ったイヤフォンはもちろん、AKG K3003。上流はiFi Audio iLinkからJVC Kenwood SU-AX7に入れました。 イヤーチップに関しては使用者の耳の大きさや形に大きく左右されるであろうことから…

SP-12P-PCUHDのレビュー(AVケーブルテクノロジーズ)

AVケーブルテクノロジーズのスピーカーケーブル、SP-12P-PCUHDのレビューです。こちらもハイレゾ対応を謳っています。線材も、名前が示す通りPCUHDです。 製品写真を見ると判りますが、スピーカーケーブルの内部に12本の線材が平衡に入っています。並列に伝…

SP-6P-PCUHDのレビュー(AVケーブルテクノロジーズ)

AVケーブルテクノロジーズのスピーカーケーブル、SP-6P-PCUHDのレビューです。”ハイレゾ対応”を謳ったスピーカーケーブルというのも珍しいのではないでしょうか? 環境はいつも通り、スピーカーはNS-1 Classics、アンプはsa1.0です。 新素材PCUHDの実力は? …

SU-AX7のレビュー(JVC Kenwood)

JVC KenwoodのDAC内蔵ポータブルヘッドフォンアンプ、SU-AX7のレビューです。 さて、春のヘッドフォン祭のときに、個人的に強い印象を受け、購入を決意したSU-AX7だったのですが、ついに購入しました。デジタル物は新製品を購入するのがちょっと怖いので様子…

HS-BW-IIのレビュー (AVケーブルテクノロジーズ)

AVケーブルテクノロジーズのスピーカーケーブル、HS-BW-IIのレビューです。 最近、雑誌などで目にすることも増えてきた、知る人ぞ知る名ケーブルです。 14対の導体による独特な構成 HS-BW-IIは極めて、独特な構成をしているスピーカーケーブルです。 通常、…

K812の試聴レビュー (AKG)

AKGのフラグシップヘッドフォン、K812の試聴レビューです。 今までのレビューとは異なり、K812を所有していません。イベントや店頭で試聴したときの感想です。そのため、やや聞き込みが足りない可能性があります。 私が最初にK812を試聴したのは、2013年の12…

Edition9のレビュー(ULTLASONE)

Ultrasoneの密閉型ヘッドフォン、Edition9のレビューです。 Edition9は2006年に限定500台で発売になった当時のフラグシップヘッドフォンです。当時としては異例極まりない定価20万円超えだったのにも関わらず、最終的には1000台以上生産されたとのことで、人…

PS-35のレビュー(AVケーブルテクノロジーズ)

AVケーブルテクノロジーズの電源ケーブル、PS-35のレビューです。 PS-35は切り売りの電源コードです。プラグはついていないので、別途用意する必要があります。 私はPS-35を3本持っています。一本目は壁コンセント SWO-XXX と電源タップ e-TP60 の間、二本目…

iUSB Powerのレビュー(iFi Audio)

iFi Audioのアクセサリ、iUSB Powerのレビューです。 以前、USBケーブルで音は変わるのか?という記事にも書きましたが、USBオーディオは伝送時に音が変わる可能性があります。 そのUSBオーディオ用アクセサリがiUSB Powerです。少々、独特な機能を持ってい…

HD800のバランス化 (Sennheiser)

Sennheiserのヘッドフォン、HD800をバランス化しました。 HD800はケーブルが着脱式なので、容易にバランス化が可能です。そのため、Moon audioやサエクなどの交換用ケーブルが多く出ています。また、昨年にはSennheiser自身からもアンプと合わせて交換用ケー…

ST-1Qのレビュー(AVケーブルテクノロジーズ)

AVケーブルテクノロジーズのアナログバランスケーブル、ST-1Qのレビューです。 バランスとアンバランス オーディオ信号を伝えるインターコネクトケーブルにはバランスケーブルとアンバランスケーブルの2種類があります。通常の機器で使われているのはRCAコネ…

K701 のレビュー(AKG・バランス化済み)

AKGのヘッドフォン、K701のレビューです。 K701はかつてはAKGのフラグシップ機でしたが、マイナーチェンジされた Q701やK702,K712などが乱立した珍しい機種です。 ちなみに各機種の音質はほとんど変わらず、色違いと言って良い程度のレベルの差しかありませ…

X-HA1のレビュー(Nmode)

Nmodeのヘッドフォンアンプ、X-HA1のレビューです。 Nmodeは比較的安価で高品質な機器を出している新興のメーカーです。特にPCオーディオに強みを持っているようで、ヘッドフォンアンプだけでなくDACなども高い評価を受けています。 実はあまり買うつもりは…

4C-XEWのレビュー(AVケーブルテクノロジーズ)

AVケーブルテクノロジーズのデジタルケーブル、4C-XEWのレビューです。 AVケーブルテクノロジーズとは 根岸邦夫氏が主宰しているケーブル専門のガレージメーカです。 根岸氏はステレオサウンドや無線と実験などのオーディオ雑誌によく記事が掲載されている方…

NS-1 classicsのレビュー(YAMAHA)

YAMAHAのブックシェルフ型スピーカー、NS-1 classicsのレビューです。 88年に発売された2wayのブックシェルフ型モニタリングスピーカーです。一世を風靡したNS-10MやNS-1000Mの後継機となります。 私はSoulnoteのsa1.0からAVケーブルテクノロジーズのSP-6Pを…

Gemini のレビュー(iFi Audio)

iFi AudioのUSBケーブル、Geminiのレビューです。 オーディオの音質がUSBケーブルで変わるのか、ということには議論があるところですが、技術的な部分に関しては記事を書きました。少なくとも信号が変わる可能性はある、という結論に達したので、このBlogで…

Black Cube Linear PROのレビュー (Lehmann audio)

Lehmann audioのヘッドフォンアンプ、Black cube linear proのレビューです。 名前が長いのでBCLと略します。 Lehmann audioはドイツの音響機器メーカーです。 BCLにはいくつか種類があるのですが、これはPro。XLR端子が付いたバランス入力モデルです。他にR…

K3003のレビュー (AKG)

AKGのイヤフォン、K3003のレビューです。 AKGはオーストリアのオーディオ機器メーカーで、こちらもSennheiserと同じくプロフェッショナル用の機器で有名です。特にモニタリングヘッドフォンは業界標準とまで言われています。 K3003はAKGのリファレンスモデル…

iLinkのレビュー (iFi Audio)

iFi AudioのUSB-DDCであるiLinkのレビューです。 そもそもUSB-DDCとは? DDCとはDigital to Digital Converterの頭文字で、USB端子からDigital信号へと変換するための機材で、PCオーディオには欠かせません。しかし、最終的にスピーカーやヘッドフォンから音…

HD800のレビュー (Sennheiser)

Sennheiserのフラグシップヘッドフォン、HD800のレビューです。 Sennheiserはドイツのオーディオメーカーでヘッドフォンやマイクでかなりのシェアを誇っています。世界を代表する音響機器企業の一つと言って良いでしょう。 そのSennheiserのフラグシップであ…